えごま油サプリに副作用はある?注意しておくべき点とは

話題のサプリメントであるえごま油サプリは様々な健康効果を持っているため、芸能人や女優の方を中心に爆発的な普及を見せています。

 

 

 

しかし、サプリメントを飲む上で怖いのが副作用の存在ですよね。えごま油サプリに副作用はあるのでしょうか。またあるとすれば、どうしたら副作用を防ぐことが出来るのでしょうか。詳しくご紹介します。

えごま油サプリに副作用はあるのか

美肌やダイエット、整腸作用に果てはうつ病や認知症の予防効果まで、えごま油サプリには様々な効能が期待できます。

 

 

 

サプリメントの原料となるえごま油は「スーパーオイル」とも呼ばれるほどで、現在サプリメント愛好家の間ではえごま油のサプリやえごま油サプリと相性の良い成分やサプリメントについて盛んに議論されているのだとか。

 

そんな健康効果の高いえごま油ですが、あまりに効果が高いと逆に副作用があるのではないかと疑ってしまいますよね。

 

 

 

実際のところえごま油サプリに副作用があるかどうかについては、報告例が少なく症状の原因がえごま油サプリであると断定できるものが少ないため、絶対にあるとも絶対に無いとも言えない状況となっています。

 

しかし、どんな良いものでも過ぎたるは猶及ばざるが如しと言いますから、飲み過ぎは良くないというのは間違いないでしょう。特にえごま油サプリの主成分であるえごま油は健康に良いとは言え油であることは間違いないのですから、飲み過ぎは厳禁です。

 

 

 

もし、えごま油サプリを飲み過ぎてしまった場合はどのような症状が出るのでしょうか。また、副作用と考えられている症状にはどんなものがあるのでしょうか。口コミや評判などから副作用などに関する情報をピックアップしてまとめてみました。

えごま油サプリを飲むことで起こる副作用

分かり易さを優先して副作用とは言っていますが、副作用とは薬物に対して使われる言葉であるため、健康補助食品であるえごま油サプリに対して使うことは本来出来ません。

 

 

 

しかし、副作用とは「摂取した薬物から狙った効果以外の作用が現れること」ですので、本質的にはサプリメントを飲むことで被る健康被害を副作用と呼んでも差し障りないでしょう。

摂取のし過ぎで太る

 

えごま油サプリに含まれるえごま油は油の中では健康に良いものなのですが、油には変わりないためカロリーが高く、飲み過ぎは太る原因となりかねません。えごま油の1日の摂取目標は5gとされていますから、それ以上の摂取は控えた方が良いでしょう。

 

 

 

えごま油サプリは正しい用量を守りさえすればダイエットの補助にもなりますから、飲み過ぎには充分注意して、適量を飲むように心掛けましょうね。

酸化したサプリの摂取で脳梗塞の危険性が

 

これはサプリメントでは無く、えごま油そのものを飲むときに良く言われることなのですが、酸化したえごま油の摂取は脳梗塞や認知症になる危険性を大きく上昇させます

 

 

 

また、酸化したえごま油の摂取は脳梗塞や認知症の危険性が高まるだけでなく、老化を早めてしまうということも分かっています。

 

 

 

身体が酸化することによって起こる老化は酸化した食べ物を多く摂取することで促進されるので、酸化したえごま油を摂取することはそのまま老化を早めてしまうことに繋がるのです。

 

特にえごま油がスーパーオイルとして機能するための根幹となる成分であるオメガ3脂肪酸は非常に酸化しやすい物質であるため、サプリかどうかに限らずえごま油は出来るだけ間を開けずに飲み切らなければいけません

 

 

 

サプリメントに加工されたえごま油は通常のえごま油に比べて酸化するまでの期間が長いと言われていますが、それでも長期間の保存には向きませんから、一度封を切ったらなるべく早く飲んでしまうようにしましょう。

えごま油サプリの副作用を回避するためには

えごま油サプリの副作用を回避するために重要な点は2つ。封を切ったらすぐに飲むという点と飲み過ぎないという点です。

 

 

 

なるべく早く飲むと言ってもどれくらいの期間で飲み切ればいいのかは難しいところですよね。基本的にはサプリメントのパッケージに消費期限が書かれているはずですので、その期間内であれば大丈夫でしょう。

 

長く保存する予定があるのであれば、消費期限の長いものを選んで購入するというのも手です。というのも、パッケージに記載されている消費期限が長いということは製造されて間もないということですので、より新鮮なえごま油サプリという証拠になります。

 

 

 

また、消費期限内に飲み切れば問題ないとは言いましたが、保存環境によってはえごま油サプリの酸化が早くなってしまう場合があります。例えば高温環境や直射日光が当たる場所での保管はサプリメントの酸化を早め、副作用が出る原因となってしまいかねません。

 

 

 

サプリメントの保管は冷蔵庫などの冷暗所で行うようにしましょう。

 

次に飲み過ぎないようにするという点について、えごま油サプリの飲み過ぎによる副作用はサプリメントが酸化することによって起こる副作用と比べると軽度な場合が多いですが、そのぶん即効性の強い副作用の症状が現れることがあります。

 

 

 

飲み過ぎによる副作用の代表格と言えば腹痛でしょう。サプリメントに加工されているとなんとなく安心してしまいますが、えごま油サプリの主成分は油で構成されているため、飲み過ぎてしまうと胃がびっくりしてしまい腹痛を起こします。

 

 

 

また、人によっては吐き気胸やけなどの症状が出ることもあるようです。この副作用は大抵の場合一度に多く飲み過ぎた場合や、揚げ物などの油分が多い食べ物を食べた後に飲むと起こることが多いようですから気を付けて下さいね。

海外産のえごま油サプリは副作用が出やすい

海外産のえごま油サプリの中には製品自体が海外で作られたもの、原料となるえごま油が海外で作られ、原料を輸入して日本でサプリメントに加工されたものの2種類があります。

 

 

 

すべての海外産のえごま油サプリが悪いとは言いませんが、韓国や中国で製造された後日本で販売される安価なえごま油サプリは国産のものに比べて酸化しているものが多く、はっきり言って品質が悪いです。

 

酸化してしまったえごま油サプリでは健康効果を得るどころか、むしろ副作用で健康被害を受ける結果になりかねません

 

 

 

また、本来であれば海外産のえごま油サプリを購入すれば済む話なのですが、実際のところは国産のえごま油サプリを見つけようと思ってもなかなか難しいでしょう。

 

 

 

というのも、海外でパッケージングまで済ませるという製造方法であれば国産と表記することは法律上出来ないため、すぐに見抜くことが出来るのですが、えごま油を輸入した後日本でサプリメントに加工している場合は国産と表記することが出来るため見抜くことが難しいのです。

 

しかし、純国産の副作用の心配が少ないえごま油サプリを見つけることが出来ないわけではありません。

 

 

 

副作用のリスクを徹底的に回避したいのであれば、「国内契約農家が無農薬で栽培した荏胡麻のみを使用」、「無添加・薬品不使用」などの表記があるものを選ぶようにすれば、安心安全なサプリメントを購入することが可能です。

 

 

 

韓国・中国で作られたえごま油サプリのすべてに副作用があるというわけではありませんが、やはり脳梗塞や認知症、老化の促進などの副作用は怖いですから、えごま油サプリを飲むときは国産のものを選んだ方が良いでしょう。

まとめ

強い効果を持つ薬に副作用はつきもの、と言いますがサプリメントの場合は必ずしもそうではありません。

 

 

 

えごま油サプリに限って言えば、副作用が出るのは原料であるえごま油が悪いのではなく、酸化させてしまうことや飲み過ぎてしまうことが副作用の症状を引き起こす原因となっています。

 

 

 

つまり、サプリメントの副作用とは充分知識を付けた上で取り扱いに注意しておけば、未然に防げるものなのです。

 

 

 

もし、この記事を読んでいる方の中に副作用がネックでえごま油サプリを使うか迷っていたという方がいらっしゃったのなら、ご紹介した副作用を回避する方法を参考にして、是非えごま油サプリを試してみて下さいね。

 

えごま油サプリランキング