えごま油サプリの健康効果

えごま油サプリの健康効果とはどんなものがあげられるのでしょう。

最近なにかと話題の「えごま油」ですが、えごま油サプリにはえごま油の有効成分がギュっと詰まっていて、さらには油を飲むことが苦手な方にとっても簡単にえごま油を摂ることができる商品になっているのです。

 

まず、えごまって何?と思われる方もいらっしゃると思いますが、えごま(荏胡麻)はシソ科の植物で、シソのよく似ている葉を持つ特徴があります。
えごま油はそのえごまの種から抽出された油ということです。
えごま油の健康効果はどこから導き出されるのかというと、えごま油にはα−リノレン酸といわれるものが大量に含まれており、このα−リノレン酸が健康によい、ということになります。
ここでまたα−リノレン酸って何?という疑問にも当たってしまうわけですが、α−リノレン酸とはオメガ3系脂肪酸に分類されます。
このα−リノレン酸は体内で生成することのできない必須脂肪酸に分類されており、何かしらの形で体内に摂り入れないといけないものになっています。
そしてα−リノレン酸は体内で「DHA」や「EPA」に変化するのです。
DHAやEPAの効果はどこかで耳にされたこともあると思いますが、この成分の効果もえごま油を摂ることで得られるということになります。

 

では、具体的にはどのような健康効果があるのでしょうか。
「認知症や痴呆の予防」「動脈硬化、不整脈の予防」「中性脂肪、血中コレステロールの低減」「血圧低下」「記憶学習能力の向上」「視力アップ」「抗アレルギー、抗炎症作用」「ダイエット」などの健康効果があるとされています。
DHAの効果では、DHAは多くの青魚に豊富に含まれている成分ですが、摂取することで赤血球を柔らかくする効果を発揮し、血液をサラサラにしてくれるのです。
体の中の血液がドロドロになってしまう原因には野菜や魚の不足や、お酒や煙草、ストレス、運動不足などの様々な要因によって引き起こされてしまいます。
血液がドロドロの状態では動脈硬化や心筋梗塞などの重篤な病気の原因になってしまいますので、DHAの力で血液をサラサラにしておくことが必要です。
EPAの効果では、EPAも多くの青魚に含まれており、血小板が血液中で固まってしまうのを防ぐ働きを持っています。
一般的な油にはオメガ6系脂肪酸のリノール酸が多く含まれていますが、リノール酸は現代人にとって摂り過ぎている傾向にあり、摂りすぎてしまうとアレルギー疾患や大腸がんのリスクが高まるとされています。
EPAはこのオメガ6系脂肪酸に分類される成分を抑制する働きを持っているのです。
オメガ6系脂肪酸も人間にとっては欠かすことのできない脂肪酸ではありますが、摂り過ぎてしまったオメガ6系脂肪酸をちょうどよい状態にして、血液の状態を健康な状態にしてくれるというわけです。

 

血液の状態がドロドロな場合は、血流が滞りやすくなって動脈硬化や心筋梗塞、ほかにも脳卒中や認知症を引き起こす原因にもなります。
ほかにも血液がドロドロだと血中コレステロールも高くなってしまうので肥満の原因にもなります。
えごま油が人気なのは、オメガ3とオメガ6の脂肪酸のバランスよく整える結果、様々な病気の予防などの健康効果を発揮してくれることなのだといえるでしょう。

 

えごま油サプリランキング