えごま油サプリの成分は?

えごま油サプリの成分は?と、えごま油が体によいという話から、飲んでみようとお考えの方にはどんな成分でできているのか気になる所ではないでしょうか。

えごま油とは、青シソと似た葉の「えごま」という植物の種子から搾られた油のことをいいます。
「えごま油」といってもごま油とは全く違うものになります。
このえごま油の成分は約60%が「α−リノレン酸」というものになっており、このα−リノレン酸は必須脂肪酸であり、オメガ3と呼ばれる脂肪酸に属します。
このオメガ3は青魚に多く含まれているDHAやEPAにもあてはまります。
この必須脂肪酸は、体にとって絶対に欠かすことのできないものとなっており、必須脂肪酸が不足してしまうことで、皮膚の病気や内臓機能の障害などの原因にもつながるといわれています。
またこの必須脂肪酸は体内で作ることができないため、食事などによって体内へ取り入れなければいけないのです。

 

ではこのえごま油の成分を体内に取り入れた場合にはどのような効果があるのでしょうか。
えごま油を体内に取り入れると、体内ではEPAが作られます。
EPAの効果は血液をサラサラにしてくれる効果や脳内の血管にまで届いて健康に保ってくれる効果などがあげられます。
また、血液をサラサラにすることで出てくる健康効果もたくさんあり、美肌やアンチエイジングにも効果があるのです。
美肌やアンチエイジングには新しい細胞を作る必要があるのですが、血液がサラサラな状態であれば、栄養と酸素、老廃物をスムーズに運搬することが可能になりますので、美容にもとても大きな効果があるといえます。
EPAと同じようにDHAも、えごま油を取り入れることで作られることになりますので、DHAの効果も大いに期待できるのです。
DHAの効果では「記憶力や判断力の向上」「アルツハイマー型認知症」「血流の改善」「視力の回復」「アレルギーの予防」「精神の安定」などの効果があります。
えごま油サプリを摂取することで、これらの効果が期待できるというわけです。

 

健康や美容にとってとても効果があるえごま油の成分、オメガ3であるα−リノレン酸ですが、とても酸化するのが早い特徴があり、酸化してしまった脂肪酸を体内に入れてしまった場合には、体を酸化させてしまうことにもなり、動脈硬化や老化を早める原因になってしまいますので、大変注意が必要です。
その他にも、熱に弱い性質も持っていますので、加熱調理には大変不向きとなっています。
食事として摂る場合には、火を通さない状態で口にしなければ意味がないことになってしまうのです。
えごま油の1日の摂取量の目安は2gとされていますので、さほど難しい量ではないとは思いますが、生のまま油を摂取するということは中々難しいと思われます。
油を飲むことに抵抗がない方はよいのですが、そうでない方にはえごま油サプリをご利用になられたほうがよいと思います。
えごま油には独特の生臭さがありますが、サプリメントにした場合は臭わない工夫がされていることが多いですので、飲みにくいということはないでしょう。
また、サプリメントは好きな時に好きな場所で手軽に摂れるのも魅力になっています。
えごま油サプリで無理なく十分な有効成分を摂取して、健康や美容を手に入れるとよいのではないでしょうか。

 

えごま油サプリランキング